2009年12月3日木曜日

今日のニュース 09/12/03(木)

自動車の燃費、3割向上義務づけ 平均リッター21キロ
http://www.asahi.com/politics/update/1203/TKY200912020466.html
いいことなんだろうけど、なんか違和感あるなー。

インターネットは本を殺すのか
http://diamond.jp/series/kill_book/10006/
そんなに本は簡単にはなくならないですよ。日本ではキンドルは成功しないと思います。それは、「インクのにおいが好き」とかというセンチメンタリズムではなく、単に本の方がいいから。

歴史上の天才たちのIQはいくつだったのか…世界の知能指数ランキング10

http://labaq.com/archives/51302469.html
残念ながら黄色人種はひとりも入っていません。やはりアングロサクソンの方が優秀なのでしょうか。

米側から身柄引き渡されず=少年2人、地位協定基づき-路上ロープ女性重傷・東京

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091201-00000070-jij-soci
またも地位協定で泣き寝入り?なぜこんな理不尽がまかり通るんでしょうか。犯人はわかっているのに罰することができないなんて。とはいうものの↓の記事にあるように安全保障の問題もあります。

鳩山政権が招く日米同盟の危機
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/649

そもそも日本は、米国が保有する核兵器によって、第三国からの核攻撃を抑止する「核の傘」の庇護の下で守られてきた。その代わりに在日米軍基地が存在するともいえるが、日本の安全は米国抜きでは保障されてこなかったのは事実だ
じゃあ自分の身は自分で守る、という方向に行かないのは何なのだろうか。アメリカはカエレ!と言えない日本ってどんな国なの?敗戦国のレッテルはいつまでも消えないのだろうか。

地位協定:政府、環境保全条項を米側に提起へ
http://mainichi.jp/select/today/news/20091203k0000m010149000c.html
えっ、そこ?ホントにこの政権は環境バカだな。今問題になってるのは・・・もういい・・・orz

「障害者」→「障がい者」→「友愛者?」 新表記を大阪・吹田市が導入方針 言葉狩りの批判も
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/091202/lcl0912021131002-n1.htm
また大阪か・・・。

「心の整理がついた」泰葉、炎上閉鎖した“革命”ブログを1年ぶり再開
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091202-00000009-oric-ent
なんだよ、もういいってば再開しなくて。この人には釣られっぱなしだ。ちなみにそのブログはこちら。いまのところ米欄はまったりしている。

来春の環境税導入否定=「正しくないとの批判必定」-鳩山首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009120200968
だったら財源どうすんだよ。暫定税率残すっていう選択肢が一番賢いだろ?

高速無料化「北海道限定」が有力…予算大幅圧縮へ
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091203-OYT1T00002.htm?from=top
だったらいっそのこと「すみません、できませんでした」って言えよったく。バカにすんな。まったくあきれて口がふさがりません。
財源不足を背景に政府はマニフェストの軌道修正を加速化させており、農家への戸別所得補償など主要事業についても見直しを進める方針だ
あれほど選挙中に「財源はどうするの?」って聞いたじゃないか。まぁ、そのときから藤井氏は、「できなければ、ごめんなさいと言えばいい」と言ってたから確信犯だけどね。
他県と陸続きではない北海道に限定する案が浮上した
ホント、バカにしてますよね。こんなことならなにもしない方がよっぽどいい。

『いいとも!』ある意味"放送事故"確定!? 石原都知事のお友達はアノ人
http://www.menscyzo.com/2009/12/post_599.html
これはある意味相当おもしろい展開になってますね。田母神さんはないだろうwww。石原さん、やるなー。めちゃくちゃ楽しみな今日の放送ですね。

遅刻魔の三宅健が芸能界の大先輩・伊東四朗の招待に大遅刻!
http://www.cyzowoman.com/2009/12/post_1202.html
イイハナシダナー・゚・(つД`)・゚・ 伊藤さんの心の広さに脱帽だ。数少ない裏切らないタレントの一人ですね。

米グーグル、有料記事の閲覧制限を導入 1日5本
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200912020026.html
マードック氏の影響でしょうか。ニュースサイトが有料化すると誰もニュースサイトへ行かなくなりそうだが。

流行語大賞に異議あり 「政権交代」単なる時事用語
http://www.j-cast.com/2009/12/02055297.html
まぁ、どーでもいい感が漂う流行語大賞なのだが今年はさらにどーでもいい感じです。

姿を見せ始めたケータイ動画
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20091202/211090/?top
放送と通信は融合するように見えて実は融合しないんじゃないか、そんな気がします。この著者もさんざんそれに言及したあげく最後には、
ケータイ側の事情も複雑なら、放送やコンテンツ側の事情も輪をかけて複雑であり、両者が絡み合うこの領域は、今後相当な紆余曲折を辿ることになる
と言っているわけです。第一にテレビ局はIP化に絶対反対だし権利処理について真剣に考えていないので当面テレビの力が圧倒的にネットに比べて弱まるまではこの話は前には進まないと思います。もし、進んだとしてもテレビは放送の方が圧倒的に効率的なわけで、結局、それぞれの道を歩むことになるのでは。もうひとつ、IP化のハードルが放送の地域免許の問題。これももはやナンセンスですよね。

アナログ跡地の「携帯向けマルチメディア放送」は誰が何に使う?
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITel000002122009&landing=Next
上の記事とかぶるのだろうけど、読んでもよくわからない。
マルチメディア放送という言葉には、「動画+音声+テキスト+双方向」あるいは「放送と通信の融合」といったイメージがあるが、果たしてそんなニーズがこれまであったのかどうかをまず考えた方がいい
今から10年前マルチメディアと騒がれた割にはそれで実現したものっていったい何かというと特に思い浮かばない。テレビはIPでやってくるというのは嘘だった。確かにインターネットはマルチメディアになった、javaやFlashのおかげで。いろんなもの突っ込んで多機能にするより、ワンセグ一本で十分だ。シンプルがいい。

アナログテレビ周波数跡地問題~携帯端末向けマルチメディア放送の行方~
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20404609,00.htm
NAB東京セッションで内藤総務副大臣から、地方ブロック向け放送について見直しもありうるとの発言がありました
なんすか、この地方ブロック向け放送って。まだそんなこと考えてるバカがいるんでしょうか。たぶん、放送の地域免許制度の延長線の利権の問題があるのでしょうが、もういいんじゃないか。地方の放送って。

日中韓海底トンネル、妥当性検討へ 韓国、政府間協議の意向

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091203AT2M0203902122009.html
いや、圧倒的にいらないから。バ韓国とのトンネルなんか絶対いらないから。バカじゃねーの?

時代を読む新語辞典 「疑似エンジン音」~エコカーが抱える「静音性と危険性」の矛盾
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/bpnet.cfm?i=2009112706640dl&p=1
モーター走行時の音が静かすぎるため、歩行者が車の存在に気付きにくくなったのだ。これは交通安全の観点から由々しき問題となる
私はこの思考回路に前々から疑問を持っている。何が由々しき問題なのだろうか。車が騒音がなくて静かなのはいいことじゃないか。必要とすら思わないが、クラクションとは別のチャイムとかで事足りるだろう。人がよけそうにない場合には「チロリン」とやればいいだけである。これってグーグルストリートビューがサービスインしたときのプライバシー厨の懸念とよく似ています。電気自動車が普及する頃には笑い話になるでしょう。「車が静か過ぎるってんで、当時は真剣にガソリンエンジンの音をスピーカーから出すことを検討したんだよ、バカみたいでしょ」ってね。京都電気鉄道のwikipediaに、
電車には運転士と車掌のほか、昼は赤旗、夜は提灯を持って、市街地などの危険な区間では電車の前を先行して走り(当時の軌道法では最高速度が8マイル毎時・12.9km/hとされていたため、走っても先行が出来た)、歩行者に安全を知らせる告知人(前走り)を乗せることにした
という記述があります。このバカげた議論を見るたびにこれを思い出します。今から思えばなんと滑稽なことでしょう。

IT産業を救うのは「賢い消費者」だ

http://ascii.jp/elem/000/000/479/479852/
脊髄反射的に池田さんのコラムを貼るのもどうかと思うが、問題意識が似通っているのでどうしても取り上げてしまうのであります。
競争を促進して賢い消費者として革新的な使い方を開発すること
これがなかなか難しい。アスキーってこの池田さんのコラムしか読むところがないのが哀しい。がんばれアスキー。創刊当時の熱い紙面はどこへ行った?つってもしょうがないけどね。

第440回:小さいことはいいことだ? 「ちょいテレ・フル」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/20091202_332595.html
B-CASカードの問題ってそもそも小さくなれば解決するんでしたっけ? という疑問が湧いた
そういうことですよ。とっとと廃止しろ。
ただしこれまで存在したユーザー登録は不要ということになっている
じゃあ、今まで吸い上げた国民の個人情報はどうするんだよ。というか通常版では登録が依然として必要なのだろうか?登録する人は相当イノセントだが。
miniB-CASは単に青B-CASが小さくなっただけであり、B-CASそのものが抱える問題はほとんど解決できていない
ここ大事ですね。小さくなることは数多くある問題の中のたったひとつが解決されたに過ぎない。世界に恥ずべきB-CASそのものを廃止すべきなのに、こんなことでお茶を濁しているのはいったい誰だ。

0 件のコメント: